長い離職期間が面接官に与える印象

ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

長い離職期間が面接官に与える印象

長い離職期間が面接官に与える印象

離職期間(ブランク)が3ヶ月以上になると、面接の際には
ほぼ必ずその理由を聞かれます。
書類選考の通過率も下がると考えた方がいいでしょう。
現在離職中で、前職からの長い離職期間がある人や、仕事には
就いていても、応募職種そのものからは遠ざかっている人の
どちらに対しても、採用担当者は「離職期間が長い=業務に対する
感覚が鈍っているのではないか」と考える場合が多いようです。

また、全く就業していない期間が半年を超えてくると、ビジネス感覚
あるいは仕事へのモチベーションの低下を懸念されかねません。
また、就職活動期間が長期に渡れば「不採用が何社も続いている」
というマイナス印象を与える心配も。

離職期間が長い人は、その期間をいかに有効に過ごしてきたかを
アピールしましょう。新しい仕事で役立つ知識を身に収めたのであれば、
それも良い材料になります。
もし、特に積極的にしてきたことが何も無い場合でも、
再就職に向けた努力を重ねていた旨を伝えましょう。

ポイントとしては、離職期間中をどのように過ごしてきたかを、
なるべく具体的に伝えることです。
あわせて、その間に身に着けた知識や技術についても、具体的に
明らかにしましょう。

ご自身が積極的に様々なことを学び、技術や知識を深め、更に
仕事への熱意が向上したことを伝えます。
「特に何もしていませんでした」「これから勉強します」は禁句です。
今からでもアピール材料となる学びを始めてみましょう。

必要書類には離職の理由をきちんと示し、それを補って余りある
"復職への意欲"を記載してはいかがでしょう。

フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です