【ライフワークエンジニア】コラム

ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

【ライフワークエンジニア】コラム

【ライフワークエンジニア】コラム

『この会社にいても成長できない』という危機感を抱いたことはありませんか?
居心地はいいけれど、どこか物足りなく、厳しさや緊張感のない
職場環境に浸かりきると、意欲もスキルも落ち、エンジニアとして
致命的なリスクを背負う可能性があります。
更なる成長を目指して、職場を移るのは1つの手です。
年齢が高くなれば、それだけ転職に関する条件は厳しくなります。
転職は若い時の方が概ね有利です。
また、いざ転職を決意しても、その後の離職期間が長くなれば、
転職には不利になっていきます。
離職期間が3ヶ月以上になると、面接の際にはほぼ必ずその理由を聞かれます。
採用担当者は「離職期間が長い=業務に対する感覚が鈍っているのではないか、
仕事へのモチベーションが下がっているのではないか」と
懸念する場合が多いようです。

離職期間が3ヶ月以上になると、面接の際にはほぼ必ずその理由を聞かれます。採用担当者は「離職期間が長い=業務に対する感覚が鈍っているのではないか」と考える場合が多いようです。

・・・つづきはこちら

居心地はいいけれど、どこか物足りなく、厳しさや緊張感のない職場環境に浸かりきることで、意欲もスキルも落ち、エンジニアとして致命的なリスクを背負う可能性があります。

・・・つづきはこちら

IT業界のエンジニアというと年収は高いがハードワークというイメージがありますが、昨今は派遣で無理なく働いていて、プライベートを大切にしているというエンジニアも増加しています。

・・・つづきはこちら

金融業界のITエンジニアは待遇が良く、他業種のエンジニアの憧れの的です。また金融業界でITエンジニアを経験した場合、高度な技術を持っているとされるため転職にも有利です。

・・・つづきはこちら

医療・バイオ業界の発展を見越して、業界に転職してきたITエンジニアも少なくないようです。ITインフラの整備も遅れている医療業界は今後もITエンジニアの求人は増加すると思われます。

・・・つづきはこちら

保険業界はここ数年でIT化が進み、大きく様変わりをしています。店舗数が増えて業務の複雑化したために、システムの修正・開発が必要となり、本社での情報管理もさらに徹底されてきています。

・・・つづきはこちら

インフラITエンジニアは、通信ネットワークの管理などを行う職種です。社会のインフラとなっているWebに対して、優秀なインフラエンジニアが極めて少ないといわれています。

・・・つづきはこちら

通信業界ではネットワーク分野の人材、クラウド分野の人材が各社で求められています。変化が目まぐるしい通信業界では、その変化に対応できる即戦力のあるエンジニアの不足が続いています。

・・・つづきはこちら

ITエンジニアの給料相場は、どれくらいでしょうか? 2013年のDODAによる平均年収の調査によれば、技術系(IT/通信)の平均年収は、482万円です。平均生涯賃金は、2億円以上。

・・・つづきはこちら

ITエンジニアの仕事の募集があるのは、30才代後半までと言われています。実際、多くの職場で活躍しているITエンジニアの大半は、20、30才代である可能性が高いでしょう。

・・・つづきはこちら

ITエンジニアという職業は、モノ作りの楽しさを実感できる遣り甲斐のある仕事です。しかしその反面、色々な悩みを、訴えるエンジニアも急増しています。例えば、技術革新のスピードの速さ。

・・・つづきはこちら

ITエンジニアの生活は、納期が近づくと、残業が増え、徹夜や休日出勤をし、企業の規則に準じた日に休みます。、しかし、最近は、仕事が終わると、「発明家」になる人も現れました。

・・・つづきはこちら

未経験でもITエンジニアになれます。未経験には三つのパターンがあります。①知識、経験なし②経験はないが、学校や独学である程度の知識はある③隣接領域からの転職。

・・・つづきはこちら

ITエンジニアの勉強方法は、独学で学ぶ人が95%で、IT会社などでバイトなどをしながら力をつけている人が多いようです。 また、自分の関心がある勉強会に参加するのも有効です。

・・・つづきはこちら

自分で生み出したサービスや製品が出回り、多くのユーザーが利用していることは、大きなやりがいを感じます。 この達成感は経験した者にしかわからない至上の喜びです。

・・・つづきはこちら

ITエンジニアとして世界で活躍するための条件とは、語学力とコミュニケーション能力、リーダーシップの他、自分の活躍する場を求めていくという姿勢が大事です。

・・・つづきはこちら

自分で生み出したサービスや製品が出回り、多くのユーザーが利用していることは、大きなやりがいを感じます。 この達成感は経験した者にしかわからない至上の喜びです。

・・・つづきはこちら

フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です