IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

ネットワークエンジニアの業務内容について

ネットワークエンジニアの業務内容について
ここではネットワークエンジニアの業務内容について触れます。
言葉のとおり、ネットワークを専門的に扱うエンジニアですが、具体的にはどんな仕事をしているのでしょうか。

大別するとネットワークエンジニアの業務内容は、設計・構築・保守・運用に分かれます。
まず「設計」ですが、クライアントの要望に沿ってネットワークを構築することをいいます。
出される要望はクライアントによって千差万別。
「なんとしてもセキュリティを強固なものにしたい」、「停電時にもサーバーを止めないための方法を頼む」、「データの大半をクラウドに保存したい」などなど。
こうした要望に対してシステム面の知識が豊富であれば、クライアントの要望に応えやすくなります。

とはいっても、システムの話はとても専門的なので、わかりやすく伝えるとクライアントからの評価も高くなるでしょう。
エンジニアといっても、やはり営業力やコミュニケーション力が高いと有利です。
そして最終的には、ネットワーク環境・システム環境をまとめた要件定義書を作成します。

要件定義書に沿ってネットワークを「構築」

次に行われるネットワークエンジニアの業務内容は、要件定義書に沿ったネットワークの「構築」です。
ネットワークを形成する専用機器やソフトウェアのセットアップを行なっていきます。
大企業や官公庁のような巨大な組織体になると、複数フロアに拡大したり、東京と大阪のように多拠点になるなどネットワークの規模が大きくなります。
当然この場合、一人で構築することは不可能なので、他のネットワークエンジニアと協業しながら業務を進めていきます。

保守・運用もネットワークエンジニアの大事な業務内容

「設計」と「構築」はスタート時の仕事ですが、ネットワークエンジニアの業務内容はそれだけで終わりません。
ネットワークが構築されてからの「保守」と「運用」も大事な仕事です。

パソコン1台だけでも、さまざまなトラブルがあるもの。
これがネットワークとなれば、トラブルは起こって当たり前という状況になります。
それを縁の下で支えているのが、ネットワークエンジニアというわけです。

機器にトラブルが発生したらメンテナンスするのはもちろん、発生を未然に防ぐためにネットワークの監視も行います。
ネットワーク環境は生き物のように変化します。
スタッフが増えればパソコンを新たに設置しますし、OSがバージョンアップすればそれに合わせて端末も更新する必要があります。
そうした作業は「運用」と呼ばれます。

以上見てきたようにネットワークエンジニアの業務内容は多岐にわたりますが、さまざまな変化にいかに柔軟に対応できるかが、実力を分けるポイントといえます。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です