IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

オープン系エンジニアとは

オープン系エンジニアとは
システムエンジニアの求人を検索してみると、その内情は多様であることに気付くでしょう。
手がけるシステムの分野や用いられる技術でいくつかに分類することができます。




そこで今回は、システムエンジニアの中でも「オープン系エンジニア」の仕事について解説し、転職に必要なスキルなどをご紹介します。

「オープン系」とは?

IT業界の方でなければ「オープン系システム」などと言ってもピンとこないことがほとんどではないでしょうか。
「オープン系システム」とは、相互運用性や移植性、オープン標準などを持ったコンピュータシステムを指します。
主にUNIXを用いた開発のことですが、日本においてはwindowsを用いる開発もオープン系と呼ぶことがあります。(世界的に見るとwindowsは分散システムに分類されます)

オープン系エンジニアになるには

オープン系システムの開発では、C/C++、Java、Visual Basicなどの言語が用いられ、ソースコードが公開されているソフトウェア・OSを使って構築していきます。
その名の通り、開かれた環境にあり、スクールや参考書なども多く出回っているためとっつきやすく、他のエンジニアが書いたソースコードを参考にできるのでスキルアップはしやすいと言えます。

オープン系エンジニアの転職

オープン系エンジニアの求人は比較的多く出回っています。
それらの中から応募先を絞るには、仕事内容やキャリアプランをチェックすると良いでしょう。
プロジェクトの内容はその都度変わっていくものではありますが、関心のある分野や経験が活かせる職場かを考えて比較検討すると良いでしょう。

また、「自由な社風」が売りの会社といっても、経験の浅い方にとってはフォロー体制が薄く働きづらさを感じる場合がありますし、反対にある程度経験をお持ちの方にとってスキルアップ研修が充実している環境は不要に感じることもあるでしょう。
面接では、会社の受け入れ態勢とご自身の希望をすり合わせるような質問をされるといいのではないでしょうか。

オープン系エンジニアの求人は、仕事内容以外にも福利厚生や働き方のバラエティが豊富だと言えます。
こだわりの条件に合わせて検索することもできますので、オープン系エンジニアに興味をお持ちの方はワークライフエンジニアにぜひお声掛けください。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です