IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

社内SEに転職するには

エンジニアの働き方というと多種多様ですが、一つの勤務先に腰を落ち着けて仕事を続けたいという希望を持つ方も少なくないでしょう。
そのようなきっかけから「社内SE」への転職を志す方がいます。
そこで今回は、社内SEの転職についてご紹介します。




社内SEの仕事

一般企業の情報システム分野を統括する部門で働く社員を「社内SE」と呼びます。
PCやネットワークインフラの整備~保守、業務で使用するシステムや会社ホームページの管理、ときには社員に対して情報セキュリティーの啓蒙活動を行うことも。

規模には大小あり、一通りをほぼ一人でこなす職場もあれば、担当制であったり、外部業者を活用したりというケースもあります。
外部業者を活用する場合は、窓口となるPM的な業務もこなします。



社内SEの需要

ITの進化や多彩なwebサービスの誕生により、企業がITを活用するボリュームは年々増えています。
一昔前まで会社のHPを持っている程度だった企業もグループウェアやネット通販などのwebサービスを導入するほどになってきています。
そのため、実に様々な業界・業種の企業で社内SEの需要が高まっています。

社内SEに求められるスキル

先述した通り、近年、社内SEの業務幅はとても広いものになっています。
そのため、転職希望者にはITの幅広い知識が期待されていると言えるでしょう。
社内SEに向いているのはどちらかというとIT全般に関心を持てるゼネラリストタイプかもしれません。

また、SEに囲まれたIT業界から、一般企業の社内SEに転職すると、いままでツーカーだった専門用語が通じなかったり、常識と思えていた知識が通じなかったりといったカルチャーショックを受けることもあるようです。
そうした場面に遭遇した時、「どのように説明すれば伝わるか」といった視点でコミュニケーションを取るスキルが求められます。


転職をきっかけに「社内SE」という新しいフィールドにチャレンジしたいとお考えの方は、ぜひ一度ワークライフエンジニアにご相談ください。
条件や適性にぴったりな案件をご紹介します。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です