IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

エンジニアの年収について

エンジニアが転職を考える理由はさまざま。
仕事内容や会社の方針に対する不満なども多いかもしれませんが、待遇、例えば給与に不満があり転職を考える方は少なくないかと思います。
そこで今回は、求人検索の参考になるように、エンジニアの平均年収データをご紹介します。




年齢別、エンジニアの平均年収データ

システムエンジニアの業界平均年収は、550万円前後。メーカーや金融系業界と並び、比較的平均年収は高いと言えます。
年齢層別にすると20代前半では、年収330万~350万円台、20代後半では450万円前後、30代前半では500万円台前半、30代後半では、600万円前後、40代以降は約700万円以上というデータが出ています。
30代に入るとマネジメント業務を手がける方も増えて来るので、その分、年収も上乗せされていく傾向にあると言えるでしょう。

ちなみにこれらは会社規模でも異なります。社員数1000人以上の規模であれば、年齢平均以上あり、社員数100名未満の企業と比較するとその差は1.5倍ほどのひらきがあります。

職種別の平均年収データ

エンジニアの中でも職種ごとに年収の差はあるようです。
比較的年収が高めと言われているのが、コンサルタント、アナリスト、プリセールス。そして、ネットワークエンジニア、インフラエンジニア、研究職、特許、テクニカルマーケティングといった職種です。
ただ、より具体的に見ていくと、ネットワークエンジニアやコンサルタントは残業代の比率が高いという事実があります。
一方で、残業代がエンジニアの中でも比較的少ないのはパッケージソフト・ミドルウェア開発、社内情報システムといった職種です。
「給与はそれなりでいいから、プライペートタイムを確保したい」といったニーズをお持ちの方はこういった職種を目指されるのも一つの手でしょう。
いかがでしょうか?平均年収とご自身を比べて感じることはさまざまだと思います。
しかし、ご紹介したデータはあくまで統計によるもので、キャリアの長さや仕事のやりがいと報酬のバランスによって満足度は変わってくるかと思います。
また、今後のキャリアプランニングの参考にしていただくのも一つの手かと思います。

「転職をきっかけに年収をアップさせたい」「将来を考えて職種転換をはかりたい」という方は
ワークライフエンジニアにぜひ一度ご相談ください。一緒に夢を叶えるお手伝いをさせていただきます。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です