IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

エンジニア転職に役立つ資格とは

システムエンジニアが転職活動を行なう際、応募先企業へどのようにアピールすれば良いのかと 悩まれる方もいるでしょう。
実績を語ることも一つですが、キャリアシートには保有資格をぜひ 書いていただきたいと思います。

資格はスキルレベルを測るのに公平な基準です。
メジャーな資格はもちろんのこと、あまり 認知度の高くない資格であっても、少し調べればどのような内容であるかは伝わります。
中には、実務経験と関係の薄い資格は履歴書やキャリアシートに書かなくていいだろうと 考えるエンジニアもいるようです。
しかし、そんなことはありません。それらは、あなたが これまでに学んできたことや興味関心のあるものを示す情報の一つになり得ます。
もちろん、 実績に伴なう資格や、これから目指すキャリアに沿う資格取得に取り組んでいる事実があれば、 良いアピールになるでしょう。

IT系の資格にはいくつか分類があります。以下で、それぞれの分類とアピールとなる点を ご紹介します。

国家資格

各資格の分野において国が認める知識・技術を習得していることを証明できる資格です。
<国家資格例>
(新)基本情報技術者、ITパスポート試験、システム監査技術者、 プロジェクトマネージャ、データベーススペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト など

ベンダー資格

IT関連製品を製造・販売するベンダーが自社製品に関する適切な技術を習得していることを 証明するために実施している民間資格です。
<ベンダー資格例>
シスコ技術者認定(CCNA・CCNP・CCIEなど)、アップル認定資格プログラム(ACTC・ACSAなど)、 マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP・MCSEなど)、オラクルマスター など

ベンダーニュートラル資格

ベンダーが実施する民間資格ですが、特定の製品に固執せず中立的な立場で認定する技術資格です。
<ベンダーニュートラル資格例>
Linux技術者認定(LPIC、SAIR)、CIW インターネット技術者認定、 NTTコミュニケーションズインターネット検定 ドットコムマスター(シングルスター・ダブルスターなど) など

転職活動の一環として、あなたが今後キャリアを積んでいきたい分野にどのような資格があるのかを 調べてみるのも良いでしょう。
有効な資格を持っていると資格手当が支給になる企業もありますし、 資格取得の支援を行なっているケースもあります。
スキルアップに意欲的な方は、ワークライフエンジニアに ぜひお声掛けください。
資格支援制度がある求人企業を中心にご紹介することも可能です。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です