IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

ITディレクターの仕事内容

近頃のIT求人では、一昔前には見なかった職種名が増えています。
ITディレクター、ITアーキテクト、PMOコンサルタントなど、その仕事に就いている方なら理解できる職種名も、そうでない方にとっては意外とピンと来ないことも多いですよね。
実際に、上記した職種にも今のところ明確な定義がないものもあります。
それは、業界が成熟していくに従って新たに誕生したポジションで、今後まだ変容する可能性があるものだからです。

また、それゆえ、こういった職種は従事者人口が少なく転職市場ではニーズが高いと言えます。
求人情報を検索していて、こういった“わかりそうでわかりにくい職種”と出合った場合、その仕事内容を確認することをおすすめします。
今回は、「ITディレクター」の仕事を解説してみたいと思います。

ITディレクターの仕事とは

主に、システムの企画、要件定義、全体設計、プロジェクトマネジメント、サービス運営といった業務を担うポジションを「ディレクター」と呼びます。
ディレクターの和訳は「監督」、つまりシステムの開発工程全体を指揮監督する役割です。

ITディレクターに求められるスキル

SE(システムエンジニア)の上に立つポジションなので基礎的なプログラミング知識・経験はもちろんのこと、システム要件定義や設計の経験・知識が求められます。
また、メンバーのマネジメントや顧客対応もあるのでコミュニケーションスキルが必要です。
開発工程の全体を見渡すITディレクターの仕事は、会社や環境によってその範囲はまちまち。
求められるスキルや与えられるハードルは高いですが、システム開発全体のクオリティをコントロールしたり、自分の方向性を打ち出したりできるやりがいがあります。
ワークライフエンジニアでは、ITディレクターの求人を多数扱っています。
案件情報だけではわからないこともご質問いただければ詳しくお答えしますので、ぜひ頼りにしてください。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です