IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

企業におけるセキュリティの重要性

ネットショッピングやネットバンキングの普及、企業がコンプライアンスを重視する風潮などに伴ない、IT分野のセキュリティーはすます重要度が増しています。
ハッキング(不正侵入や破壊行為)、ウイルス、情報漏えい…さまざまな脅威への対策が求められ、それに対応し専門化したITエンジニアは、
「セキュリティーエンジニア」
という一つの職種として確立されるようになりました。 現時点では、セキュリティーエンジニアの仕事は技術者系と管理者系の大きく2つに分けることができます。
後者は、セキュリティーポリシーの策定や認証取得といった業務をメインにし、セキュリティーコンサルタントと呼ばれる場合もあります。

セキュリティに関しての求人で求められる事

セキュリティーエンジニアの仕事は、実に多岐に渡ります。

というのも、ネットワークやサーバー機器、アプリケーションはたまた運用設計まで、システムのライフサイクルすべてにセキュリティー要件は存在するため、どれかの分野に偏った知識ではなく、幅広い知識が求められます。
とはいえ、すべての知識を備えていなければセキュリティーエンジニアになれないということではありません。 いずれかの分野の知識を足がかりに、少しずつ知識の幅を広げていけばいいのです。
もちろん、知識だけあればいいというわけではありません。たとえば、ISMSやプライバシーマークなど認証取得のためのコンサルティングでは経営陣と折衝することもあれば、ユーザーへ教育を行うこともあります。また、ネットワーク・ハード・ソフトの各分野とやりとりを行なう機会も少なくありません。
そのため、コミュニケーションスキルが求められる仕事だと言えます。
この他、トラブルを回避する想像力や洞察力、基本的なモラル意識も仕事をする上で求められる要素だと言えるでしょう。
セキュリティーエンジニアのニーズは高く、IT求人の中で募集の数が年々増えています。
求人を探す際は、業務内容をしっかりと確認しておくとミスマッチを回避できます。
コンサルティングをやりたいのか、プログラミングをやりたいのか、自分の強みを発揮できる業務やこれから伸ばしていきたいスキルをご自身の中で整理した上で、求人の比較検討を行ってください。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です