IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

フリーエンジニアとは?

エンジニアが集まる飲み会などでは「そろそろフリーになろうかな」といった話題が しばしば持ち上がるのではないでしょうか?「フリー」とは、フリーランスという 労働形態を取るエンジニア(以下、フリーエンジニア)の意味。漠然とメリットが 多い気がしていても、反面、リスクがあったり未知の世界であるため踏み留まって いる方は少なくないと思います。

今回は、フリーエンジニアとはどんなものなのか?ということや求人の探し方について ご紹介したいと思います。

フリーエンジニアとして働くことのメリット

フリーエンジニアを志望する人たちが最も多く期待するのは、 「収入が増える」という 点ではないかと思います。企業に属していれば、 報酬から会社経営に必要な諸経費が引かれ 「給料」という形で社員に分配されますが、 フリーエンジニアになれば報酬から必要経費 を引いた分がそのまま収入になります。

また、「自分の意思を尊重して仕事を選べる」と いうのもフリーランスの魅力の一つ。 不本意に与えられた仕事をするよりも、興味があって 取り組む仕事の方が気持ちが 入ることは間違いありません。やりたい仕事をやって、それ 相応の報酬を得る。 そんなストレートな働き方を追求できるのがフリーエンジニアです。

フリーエンジニアに求められるスキル

フリーエンジニアは企業という組織に属さないため、企業であれば部署ごとに役割分担 している仕事も自分で手がける必要があります。フリーになると、エンジニアリングの スキルに次いで必要になるのが営業的な動きと事務処理だと言えます。仕事を見つける ためにも、プロジェクト先で信頼を得るためにも、周囲と良好なコミュニケーションを 取っていくことが大切です。また、プロジェクトの契約手続きや確定申告のために事務 処理に費やす時間は案外多いことを心得ておきましょう。フリーランスとして活動を始め ると、一人で決断しなければならない状況に立たされることは少なくありません。 引き 受けた仕事をやり遂げるため、自分を律するセルフマネジメント能力を試されます。

フリーランスの道を選ぶメリットと必要になるスキルをご紹介してきましたが、実際に フリーエンジニアになった時、どのように求人を見つければいいかも押さえておきましょう。 独自に人脈を築いていくのは想像以上に時間と手間がかかります。効率よく求人を探し たいならば転職エージェントを活用することをおすすめします。

ワークライフエンジニアは、フリーエンジニアの求人に特化したエージェントです。 取扱求人数には自信がありますし、これまでフリーエンジニアと求人企業を数多く仲介 してきた経験から、さまざまなお悩みに応えてマッチングをお手伝いすることができます。 フリーエンジニアの道を考え始めたら、まずはワークライフエンジニアにお声掛けください。
フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です