IT業務でのフリーエンジニア募集。各種案件を取り揃えております。契約社員、正社員も可能。未経験も可能です。

コンテンツ
ライフワークエンジニア携帯サイトはこちらへの画像
ライフワークエンジニア携帯サイトQRコードの画像
こちらのQR
コードから
アクセス!

ワークライフエンジニア

http://worklifese.com/m/

ライフワークエンジニアの画像

IT業界においてのフリーランスという働き方

世の中にはさまざまな働き方があります。
毎日、決まった時間に出勤して自分の席で仕事をするといったスタイルばかりではありません。
時代の流れにあわせて、多様な働き方が生まれています。

近年、注目されている「ノマドワーカー」などはまさにその最たるものと言えるでしょう。
場所の制約を受けず、カフェやファーストフード店でノートパソコンを開いて仕事をするノマドワーカー。


電子機器の普及やITの進化により、このような働き方が実現しました。 彼らの一部は、フリーランス(個人事業主)という業務形態に属します。

クライアントと業務委託契約や業務請負契約を結んで仕事をしているのです。
フリーランスは、自身が社長でありプレイヤーであるというのが一番の特徴です。

このため、勤務規定がないのはもちろんのこと、いつ・どこで・誰と・どんな仕事をしようと「自由」です。
また、クライアントから得る報酬がダイレクトな収入になるというのも大きな魅力です。
会社という形態では、それぞれが役割分担しながら仕事を進めるため売上は社内で分配され、給料として支払われます。

フリーランスならではの「自由さ」や「報酬」を得られるというメリットは、反面、仕事のペースなど自己管理ができることが大切ですし、 専門分野だけでなく営業的なことも経理的な業務も自分でやらなければなりません。

このフリーランスという働き方は、IT業界でも注目が高まっています。ちなみに、フリーで活動するITエンジニアたちは、「フリーエンジニア」と呼ばれています。
社会の風潮や法改正なども影響して、今後、フリーエンジニアはますます増えていくでしょう。

ところで、エンジニアとして働いてきた人が、フリーの道を選ぶ上で特に不安視するのが「どのように仕事を見つけるか」です。

これは意外に思うかもしれませんが、転職サイトでフリーエンジニアの求人を探すことができます。 転職サイトが扱う求人は、会社員から会社員への転職情報ばかりではありません。
求人情報の雇用形態が「業務委託」や「業務請負」となっているものは、フリーランス向けの求人です。

仕事を得るための営業活動も、やり方を工夫すれば負担を抑えられます。

ワークライフエンジニアではIT分野の求人に特化し、フリーエンジニアを目指す方へのアドバイスも行っていますので、気になることはぜひご相談ください。

フリーエンジニア登録の画像
会員登録無料
スマホからでも登録可能です